2024.06.01
VOC(顧客の声) インサイドセールス マーケティング おすすめ記事

【VoC】音声録音データを活用してコンテンツマーケティングを効率化する方法を解説

#VOC分析 #業務改善(効率化) #通話録音 #顧客インサイト

はじめに

近年注目を集めているマーケティング手法の一つに、オウンドメディアなどさまざまなチャネルを活用して有益な情報を発信するコンテンツマーケティングがあります。この手法は、営業や広告・宣伝活動とは異なり、自社が提供する価値のある情報に対して顧客の興味関心を引き付け、関係を構築していくインバウンドマーケティングの一つです。

コンテンツマーケティングの訴求力を高めるためには、顧客のニーズに沿った効果的な内容を提供することが不可欠であり、その際に重要になるのがVoice of Customer(VoC)です。VoCとは、架電、アンケート調査、メール、SNSなどを活用してサービスや商品に対する顧客の声を把握することを指し、企業はこれらのフィードバックに基づいて具体的なマーケティング戦略を策定・改善することができます。また、VoCは顧客との通話中に録音された音声データを活用することで効率的に収集することも可能です。言い換えれば、VoCを活用することで顧客の真のニーズや課題を理解し、それに応じたコンテンツを提供することができるのです。

そこで本記事では、コンテンツマーケティングのよくある課題、音声録音データを活用して顧客のニーズを見える化する方法などをご紹介するので、興味のある方は是非参考にしてください。

■合わせてよく読まれている資料

「コールセンターでのAI活用法」も合わせてダウンロードいただけます。

コンテンツマーケティングのよくある課題

コンテンツのネタが尽きる

定期的に良質なコンテンツを作り発信することの重要性は、多くの人が理解していますが、実際にそれを実行するのは非常に難しいです。自社商品に関連するキーワードを選定してコンテンツを制作する場合、最初は新しいアイデアが次々と湧いてきても、時間が経つにつれてネタが尽き、似たような内容の記事が増えてしまいます。一方で、一般的な内容にすると他社のコンテンツと似通ってしまい、独自性が失われるリスクがあります。継続的に独自性のあるコンテンツを生み出すためには、VoC分析を通して顧客のニーズを的確に捉え、顧客が求めている情報を正確に理解する必要があります。

コンテンツ制作に多くの工数が必要

コンテンツマーケティングとは単にコンテンツを作って配信するだけではなく、実際には多くの工数や時間を要し、社員の負担やリソース不足を引き起こすことがあります。

まず、リサーチを通じて市場動向や競合他社の動きを把握し、読者の関心を引くテーマを見つける必要があります。その後、SEO対策を意識したキーワード選定を行い、ターゲットオーディエンスのニーズに刺さるコンテンツを作成します。さらに、サムネイルなどのビジュアル作成も重要です。また、コンテンツが古くならないように、定期的にリライトして最新の情報を反映させることも必要です。

このように、コンテンツマーケティングは多岐にわたる作業を継続的に行う必要があります。社員にかかる負担を軽減しつつ、高品質なコンテンツを提供し続けるためには、適切なツールの活用が重要となります。

読者に刺さるメッセージの作成が難しい

コンテンツマーケティングにおいて、読者に響くメッセージやキャッチコピーを作成することは重要です。顧客の心に響くメッセージを作り上げるためには、顧客が共感できるストーリーを取り入れたり、感情を喚起するような言葉や表現を用いることが効果的です。

これらの手法を実践するためには、まずターゲットオーディエンスを深く理解することが不可欠です。よって、彼らのニーズや課題に共感を示す言葉を見つけるためには、VoC分析が重要になってくるのです。

音声録音データを活用して顧客のニーズを見える化する方法

録音した音声のテキスト化・分析

テレアポやカスタマーサポートの通話を録音し、コールシステム(CTI)などのツールに登録すると、音声認識システムが会話内容を自動でテキスト化・要約し、トーク中の顧客のポジティブ/ネガティブ反応を分析することが可能になります。テキスト化された会話内容を振り返り、AIによる感情分析を活用することで、顧客のニーズやクレームポイントなどを把握することができます。

キーワードの抽出

同時に、通話録音データ内に頻出し、高い訴求効果が見込めるキーワードを抽出することができます。これらのキーワードは、コンテンツマーケティングでターゲットオーディエンスに刺さりやすい言葉や、顧客のニーズを理解するのに役立つため、質の高いコンテンツを作成するのに貢献します。

このように、音声録音データから得られるVoC分析で得たインサイトを、コンテンツマーケティングに活用することで、顧客の心に訴えるメッセージを発信することが可能になります。これにより、顧客とのエンゲージメントを高め、信頼関係を築くことができます。

コンテンツマーケティングをアシストするコールシステム(CTI)・Comdesk Lead(コムデスク)

Comdesk Lead(コムデスク)の機能VoC(Voice of Customer)を活用したコンテンツマーケティングへの活用法
電話業務(架電/ 受電/ カウンセリング等) の内容を全て文字起こし可能          従来の録音データの確認から解放され、通話内容を瞬時に確認することができ、VoCの収集/分析、コンテンツマーケティングプロセス全体の効率化に        
顧客との会話内容を、AI が自動でユーザーストーリとして要約(文字起こし/ 自動要約されたデータはCRM/SFA にも自動連携可能)それぞれの顧客によって異なるニーズや課題を簡単に把握でき、コンテンツマーケティングの質を高める上で重要な「顧客理解の発展」に繋がる
顧客との会話で頻出するキーワードをAIが自動抽出顧客の意見や要望の傾向を把握することができ、顧客が求める情報のニュアンスを把握し、コンテンツ作成に活かせる
国産最高峰AIを活用し、業界最高レベルの文字起こし・自動要約を実現VoC分析の元となるテキスト精度が保証されることで、得られるデータの精度も高くなる

まとめ

本記事では、コンテンツマーケティングのよくある課題、音声録音データを活用して顧客のニーズを見える化する方法などをご紹介しました。コンテンツマーケティングの効率化や、顧客の求める情報を的確に提供し関係構築を目指すためには、VoC分析を行うことが重要です。

特に、カスタマーサポートや架電業務など、顧客と直接会話する機会には、音声録音データとして会話を保管し、マーケティング施策の改善に活用しましょう。コールシステム(CTI)には、こうしたプロセスをサポートする多様な機能が搭載されているので、自社のニーズや目的に合わせて導入を検討することをおすすめします。

■本記事を読まれた方に人気の記事
コールセンターを活用したVoCマーケティングとは?メリットや役立つ機能を解説
【通話の音声解析】電話営業における活用法やメリットを解説
Voice of Customer (VoC)とは?収集方法やマーケティング活用法を解説
成約率がアップする電話営業の「話し方」: AIで自分の話し方を計測して振り返り
営業ヒアリングのコツやスキルアップ方法を解説

■コールシステム(CTI)初心者向け完全ガイド
CTI選定ガイド!選び方~仕組み・9つの選定ポイントを解説 | 比較31選チャート付き

この記事を書いた著者 comdesk

Comdesk Leadを
詳しく知る