2023.12.28
CTI インサイドセールス 営業代行・コールセンター

SimpleConnect(シンプルコネクト)の口コミ・評判|利用するメリットと主な機能の紹介

#CRM連携 #CTI活用 #VOC分析 #口コミ・評判 #業務改善(効率化) #通話品質 #通話録音

電話業務を効率化できるCTIシステムは複数ありますが、最短2日で導入できるシステムがSimpleConnect(シンプルコネクト)です。電話・チャット・メール・SMS・チャットボット・音声認識など一括管理・運用ができるクラウド型オムニチャネルのコンタクトセンターシステムです。

SimpleConnect(シンプルコネクト)は、オフィスの規模関係なく、インバウンド・アウトバウンドともにコールセンターを構築できるようですが、どちらかというとインバウンド型の電話対応に特化しているようです。

今回は、シンプルコネクトの評判について集めてきたので、導入を検討している人は参考にしてください。

■合わせてよく読まれている資料
「アウトバウンドコールシステム比較6選」も合わせてダウンロードいただけます。

アウトバウンドコールシステム比較6選

SimpleConnectの基本情報

運営会社   Cloopen株式会社
主な目的電話業務の効率化
アウトバウンド・インバウンド向けコールセンターの構築
顧客分析
主な利用シーン兼用型(アウトバウンド・インバウンド)
番号発信0120/0800/0570/03/06/072/048/042を含む0ABJ番号
※080,070,050,には未対応
利用可能回線IP回線
参照:https://simpleconnect.net/

SimpleConnect(シンプルコネクト)は、CTIシステムというよりは、クラウド型のプラットフォーム構築ツールです。

コムデスク(Comdesk Lead)やList Navigator.などは、クラウド型CTIであり、電話業務に必要な機能が備わっています。

オンプレミス型と異なる点は、サーバー運用をしなくてもよい点です。パソコンとネット環境さえあれば、簡単にCTIシステムを構築できます。

アウトバウンドやインバウンド問わず、システム構築できる点は大きなメリットです。

料金システムは、以下のとおりです。

【シンプルコネクトの料金プラン】

  • 初期費用:1,980円
  • 料金プラン:1,980円/IDごとに

規模に問わずコールセンターシステムが作成できることが、SimpleConnect(シンプルコネクト)の最大の売りといえるでしょう。

SimpleConnect(シンプルコネクト)の口コミ・評判

SimpleConnect(シンプルコネクト)について気になる人のために、口コミ・評判を集めてきました、今回紹介する口コミは、導入においてのよい口コミと、一部気になる口コミです。CTIシステムの導入を検討している人は、参考にしてください。

シンプルコネクトは、評判を見る限り安心して利用できるツールでした。悪い口コミはほとんどなく、利用者のほとんどが満足している印象です。

ITトレンドの口コミを引用すると、以下のとおりです。

よい口コミ・評判

引用:ITトレンド(SimpleConnectより)

口コミを投稿している人の多くは、運営の導入時のサポート面での声が多い印象でした。

コールセンターをするために必要な機能が多く備わっているほか、導入時には運営からのサポートを徹底してもらったとのこと。

CTIシステムを導入する際は何かと不安が残りますが、シンプルコネクトのようなサポートだと安心です。

気になる口コミ・評判

よい口コミがあるなかで、一部気になる声もあったので、あわせて紹介します。

いずれも利用者の声なので、導入する際の参考になると思います。

引用:ITトレンド(SimpleConnectより)

このように、「シンプルコネクト=使いづらいツール」というよりは、システムの機能改善に対する要望が多いようでした。

利用した際の不具合やトラブルに関する声はなかったので、サポート面が充実している証拠と言えるでしょう。

SimpleConnectを利用するメリット

シンプルコネクトを電話業務で利用する場合、さまざまなメリットがあります。

具体的には、以下のとおりです。

【シンプルコネクトを電話業務で利用するメリット】

  • 受電型の電話営業の効率化
  • 充実したレポート機能
  • 万全なサポート体制
  • 申し込みから最短2日でコールセンターを構築できる

導入を検討している人は、口コミとあわせてメリットも参考にしてください。

受電型電話営業の効率化

CTIツールにはさまざまな機能が備わっており、導入することで受電型の電話業務の効率化につながります。

シンプルコネクトの場合、以下のような機能が利用可能です。

【シンプルコネクトで利用できる機能】

  • SMS機能
  • 通話のモニタリング機能
  • クリックtoコール
  • 顧客データのポップアップ表示
  • CRM(顧客情報管理)

クリックtoコールは、パソコン上からリストの番号をクリックするだけで電話が掛けられる機能です。

手動で入力するよりも手間がかからず、ヒューマンエラー防止にもつながることから、対応品質の向上にもつながります。

それに、顧客データを一元管理できるCRMとの連携も可能で、そのほかにも様々なツールと連携できるため、作業効率化をしたい人に推奨できるツールです。

充実したレポート機能

CTIツールを導入する際、機能面をもとに選ぶことも少なくありません。

なかでも、通話内容を分析してレポート化する機能は、通話品質の向上にもつながりやすくなることから、重視したい機能です。

また、オペレーターの状況や通話の品質をレポートにして可視化することで、データとしてコールセンターや電話営業を分析しやすくなります。

シンプルコネクトには、レポート作成機能がデフォルトで備わっています。

レポートは単に作成するだけではなく、活用することも極めて重要です。

レポートをもとに営業に使う台本の作成や、PDCAサイクルを回すなどすれば、電話業務全体の効率化につながる可能性があります。

万全なサポート体制

シンプルコネクトは、口コミや評判にもあったように、ユーザーが安心して利用できるサポート体制を完備しています。

口コミを見ていると、紹介したもの以外にも以下のような声が多い印象でした。

【サポート体制に関して】

  • トラブルがあってもすぐにサポートしてくれた
  • 導入時にわからないことがあった場合サポートして教えてくれる
  • マニュアルが完備されていて導入に時間がかからない

このように、運営のサポートが充実しているようなCTIシステムなら、トラブルが起きた際の不測の事態に対応しやすくなります。

口コミの一部には、シンプルコネクトの料金は、CTIシステムのなかでも安いため、不安だという人もいました。

「低価格=低品質」と思っている人も多いなかで、シンプルコネクトに関しては、サポートも充実しているシステムなので安心できます。

そのため、CTIシステムに万全なサポート体制を基準に選んでいる場合は、シンプルコネクトの利用を検討しましょう。

申し込みから最短2日でコールセンターを構築できる

CTIシステムの導入を考えている人のなかには、どのくらいでシステム構築できるのか、導入までの期間はどのくらいかかるのか、という悩みを抱えることも珍しくありません。

オンプレミス型のCTIによっては、導入までに時間がかかることが多く、すぐに電話営業をスタートできないという状況も考えられます。

その点、シンプルコネクトは最短2営業日以内に、自社でコールセンターが構築できるような状態にまでできます。

システムだけ立ち上げることも可能なので、取り急ぎコールセンターを必要としている人にも、おすすめできるCTIシステムといえるでしょう。

SimpleConnectで利用できる主な業務効率化機能

モニタリング機能

オペレーターの通話中の状態や応対内容をリアルタイムで監視する機能

通話の自動振り分け

システムが通話を自動的に適切なオペレーターへ振り分ける機能

クリックtoコール

デスクトップ上のアプリケーションやウェブページ上でクリックするだけで通話を架電できる機能です。

ポップアップ表示

通話が発生した際にオペレーターの画面に通話相手の情報が自動的にポップアップが表示される機能です。

FAQ登録

よくある質問の回答を登録することにより、顧客が抱える問題・疑問を解決できるとともに、企業のバックオフィス業務の軽減をサポートできます。

IVR

コンピューターによる音声自動応答システムです。営業時間外でも自動で応答することができます。

対応状況管理

オペレーターの稼働実績を期間ごとで確認することができます。

CRM

顧客情報や履歴などのCRMデータと連携し、オペレーターがより効果的な対応ができるようにする機能です。

これらの機能によって、SimpleConnect(シンプルコネクト)はコールセンターの顧客対応業務を支援します。

■合わせてよく読まれている資料
「アウトバウンドコールシステム比較6選」も合わせてダウンロードいただけます。

アウトバウンドコールシステム比較6選

まとめ

SimpleConnect(シンプルコネクト)を導入するメリットは、インバウンドの顧客対応業務を効率化できる点です。 ひとつのプラットフォームで、下記に挙げる幅広いチャネルを管理できます。 電話/SNS/メール/音声認識/チャットボット/顧客とコミュニケーションを図る際に必要なチャネルが整っている点が、大きなメリットです。

またワンクリック発信やポップアップといった、架電時に役立つ機能も利用できます。 受信デバイスはマルチ対応なので、オールインワンで各種コミュニケーションツールを管理しながら、各種CRMと連携も可能です。

詳しく解説:CTIとPBXの違いは?CTIのタイプと導入するメリットも合わせて紹介

■本記事を読まれた方に人気の記事
List Navigator.(リストナビゲーター)の口コミ・評判|CTIシステムとして使えるツール?
Zoom Phone(ズームフォン)の口コミ・評判|特徴とメリットを徹底解説
CTIとCRMの違いを解説!導入するメリットとおすすめシステムの紹介
CTIを導入するメリットを立場別で紹介!【電話営業・オペレーター・管理者】
全通話録音で電話営業のコンプライアンス対策!
IP電話は通話品質が悪い?原因や携帯回線との比較
通話録音機能を搭載したCTIツール I おすすめ6選

■コールシステム(CTI)初心者向け完全ガイド
CTI選定ガイド!選び方~仕組み・9つの選定ポイントを解説 | 比較31選チャート付き

この記事を書いた著者 森下哲郎

Comdesk Leadを
詳しく知る