NEWS
お知らせ

2022.12.16

顧客のフェーズ管理ができる新機能、パイプライン機能の提供を開始

この度、「Comdesk Lead」の新機能となる、パイプライン機能の提供を開始しました。今回のアップデートにより顧客フェーズがひと目で分かり、顧客管理から商談管理までを効率的に行うことが可能になります。「Comdesk Lead」はリード管理から電話インフラまでワンストップで提供し、携帯回線と連動する唯一のCTIシステム。今回のパイプライン機能の追加により、顧客フェーズがひと目で分かり、顧客管理から商談管理までを効率的に行うことが可能になります。従来のコール管理システムから発展し、CRM機能をアップデートすることでシームレスに営業活動を行うことができます。

新機能「パイプライン」の提供の背景

多くの企業で「Comdesk Lead」をご利用いただく中で、コールリスト管理と併せて営業活動のパイプライン管理をしたいという要望をいただいていました。特にリードタイムの長い商材を扱う企業様において、活動履歴と併せてパイプライン管理したいという要望を多くいただきました。従来は顧客毎の活動履歴や架電毎のステータスなどでミクロな営業活動の把握に留まっており、営業活動全体のマクロな把握に課題があり、今回のパイプラインにて活動履歴から商談の管理まで営業活動を俯瞰して把握できるビジュアル化機能として開発いたしました。

顧客のフェーズ管理ができる新機能、パイプライン機能の提供を開始

新しいパイプライン機能による活用例・メリット

  • 従来の顧客情報や活動履歴機能、新たに実装されたパイプライン機能を加えて、ComdeskLeadで各企業の営業体制に合わせて営業活動全体を把握・管理できます。
    営業活動全体を可視化することでどのルート・どの顧客属性への営業活動が高いアウトカムにつながるかを分析でき、より経営貢献を考えやすくなります。
  • 商談から成約までのリードタイムや、商談毎の見込み金額なども管理でき、パイプライン管理によってひと目で見えることで管理側の工数も大きく削減することが可能となります。
  • 営業体制に合わせてそれぞれパイプライン管理が可能。インサイドセールスにてアポイントを獲得したのち、フィールドセールスのパイプラインへ顧客情報を渡すという活用が可能となります。
  • 流入経路毎や担当者毎など、利用企業様の営業活動実態に合わせて自由度高くパイプライン管理することも可能になります。用途としては同一顧客(企業)への営業活動において流入経路や担当者毎に取引カードを分けて商談管理することで、どのルートの営業活動が最適なのかがビジュアル化されたパイプライン画面で把握しやすくなります。
  • これらの管理を直感的に操作でき、煩雑な操作は不要で、現場でも簡単にお使いいただけます。



パイプライン機能追加のプレスリリースはこちら
パイプライン機能に関してのご質問、営業効率化のご相談はこちらから